顧問料とは?

以前、新幹線に乗ったときのお話しです。後ろの席から話し声が聞こえてきました。

A「税理士って顧問料っていくらぐらいなの」
B「月3万円くらいかな」
A「公認会計士は」
B「月5万円くらいかな」

これは間違っています。顧問料にはコレといったものはありませんが、税理士業務において、税理士と公認会計士で顧問料が異なるということはありません。

顧問料を払っているからといって何から何までやってくれるという事ではありません。顧問料でやってくれる範囲というのは、個々の事務所によって異なります。ですから一概に顧問料が安いからといって安い事務所へ飛びつくのは早計です。顧問料が安い事務所ですと月額7千円という所もあります。しかし月額100万円という事務所もあります。また年に一回、税務申告の時だけお願いするといった契約もあります。

では、顧問料の高低は何が違うのかと言いますと仕事の内容です。たとえば税務署が調査に入ったときには、税理士が立ち会う事になります。その時に料金を支払わなくても良い事務所もありますし、立会料を別に請求する事務所もあります。確定申告や年末調整も同様です。ですから顧問をお願いするときは仕事の内容を良く聞いておく必要があります。

○顧問料が安いと、やはりそれなり...。
税金の申告だけやってくれればいいや。と思いがちですが、良い事務所だと様々なアドバイスをしてくれます。融資や助成金や補助金、新しい税制で得すること。
こうしたほうが節税になります。この保険は有利ですよなどなど。
誰でもそうだと思いますが、安い価格だと、いろいろやってあげるのは面倒だな。というのが普通の感覚です。税理士事務所も同じです。税金の申告はともかく、おまけのサービスは、やはり面倒だなとなってしまいます。
ゆえに税理士事務所を価格だけで判断しないことをオススメいたします。

「〜」っていくらですか?顧問料の「〜」に注意

会計事務所のHPで顧問料が掲載されている所はたいてい「顧問料1万円〜」というように書かれていると思います。そこで、よく問題になるのは「〜」というのが、いくらぐらいなのかという問題です。
最近、会計事務所の月額顧問料3000円〜という所も出てきました。

コレを見た社長は「だったら年間3000円×12ヶ月=36000円!」と思いこんでしまうかもしれません。しかし、そうはなりません。

ある事務所(顧問料1万円)に問い合わせてみると...。「お会いしてみないと何とも言えませんが、えーコレは顧問するだけで何もしません。データチェックで、プラス月5千円。月次訪問で1万円。決算料が20万円。確定申告7万円。年末調整がおひとり...、えーしめて年間...です。」

そんなバカな!と思う人も多いと思いますが、普通安いところでも年間20〜30万円は必要です。税理士がハンコをおすという事は同時に訴えられるかもしれないというリスクもあります。税務署からの問い合わせにも答えなければなりません。ですからある程度の料金をいただかないと割に合わないという事になります。ですから、顧問料3千円〜の所よりも顧問料2万円〜 の所の方が安い場合もあります。

ある知り合いの事務所では顧問料は3万円です。しかし決算料も確定申告も税務調査も全部対応してくれます。でからみなさんも「〜」を鵜呑みにせずきちんと確認された方がよいと思います。